Raspberry Pi zeroが届いた。

Raspberry Piが届いたので、初期設定を実施しました。 - 検討中です。以来、6年ぶりにRaspberry Pi zeroを購入したので、ほぼ個人的な備忘録のレベルですが、初期設定をメモっておきます。 ラズパイzero来た。 pic.twitter.com/HcRTL5kQc5— t_mat (@t_mat) J…

Deck.GLのTripLayerでGTFS-JPのバス運行状況を可視化してみた

GTFS-JPでTripLayerしてみたので、Qiitaにまとめました。 qiita.com 両備バス(https://t.co/VclrIjVPxZ)のGTFS-JPをhttps://t.co/3DasovoRX8のTripLayerで可視化してみました。 pic.twitter.com/2WJPtzZthN— t_mat (@t_mat) May 25, 2019

GTFS-JPについてのメモ

地域交通の未来と公共交通オープンデータ - HackMDの発表資料「地域公共交通の未来と公共交通オープンデータ」を見て、GTSF-JPに興味を持ちました。 GTFS-JPの仕様書を確認し、Deck.GLで少し使ってみたので、メモしておきます。

CodePenでthree.js

Deck.GLを触っていると、WebGLを使ってみたくなった。 とりあえず、Three.jsで何か簡単なものを作ってみたいと思い、Codepenで遊んでみた。

東京公共交通オープンデータで経路検索してみる

Qiitaに投稿しました。 また、実行ページをgithub.ioで公開しました。 qiita.com 実行ページ: termat.github.io

東京公共交通オープンデータから鉄道網のForce-Graphを作ってみる

Qiitaに投稿しました。 qiita.com

Deck.GLでオープンデータを可視化する

Qiitaに投稿しました。 qiita.com

Deck.GLのHexagonLayerでヒートマップを作ってみる

Qiitaに投稿しました。 qiita.com

D3.jsを使ってCO2排出量を可視化してみる。

NASA EARTHのSizing Up the Carbon Footprint of Citiesがかっこよかったので、D3.jsの勉強を兼ねて、環境省のCO2排出量の現況推計のデータから、CO2排出量の可視化画像を作ってみました。 ■成果物:日本のCO2排出量可視化画像(2015年度) Sizing Up the Ca…

二値画像からのGeoJSON生成を実装してみたがうまくいかなかったメモ

Qiitaへの投稿「Tellus画像処理の練習メモ:緑地を切り出してGeoJSONを生成してみる - Qiita」では、potraceとsvg2geojsonで二値画像からからGeoJSONを生成しましたが、この処理を自力でできないか週末にJavaで試してみました。 うまく生成できたらQiitaに投…

Tellus画像処理の練習メモ(画像->GeoJSON)

Tellusで遊んでいます。 衛星画像から画像処理で緑地を抽出し、GeoJSONを生成する処理を試してみました。 qiita.com

TellusのREST APIを使ってみました。

Tellusで遊んでいます。REST APIで色々と試行錯誤したので、そのメモをQIItaに投稿しました。 qiita.com

さくら前線を可視化してみる。

QIItaに気象庁の生物季節観測データの可視化について投稿しました。 qiita.com

Tellusの衛星写真を画像処理してみる

2月にオープンした人工衛星のオープンデータ・プラットホームTellus、とても面白そうなのです。 SARデータとか、正直、よくわかっていないのですが、とりあえず、練習として、画像処理で衛星写真から土地利用状況図を作成してみました。

マンデンブロ

よくあるマンデンブロ集合の描画です。

Cookieの同意文の表示(メモ)

Google AnalyticsのCookie告知にCookie Consentを使用してみた。 cookieconsent.insites.com

ボール

ドラッグでボールを飛ばし、他のボールと衝突する様をながめるだけです。

木のフラクタル図形

フラクタルで木を描く。

ラインアート

Processing.js移植のラインアート

パーティクル崩し

2011年頃、Wonderflで大人気だった、「パーティクル崩し」のProcessing.js移植版です。 簡単にクリアできるよう?にバーの長さをかなり長くしています。

多関節うねうね

IK練習用。 多関節でうねうねうごくやつです。

Clock

ちょっとキモい、多関節時計

衝突

玉が衝突するやつです。

ColoeCircle

Canvasにたくさんの円を描くだけのプログラムです。

Canvasから動画を生成するWebサービスを試作してみた。

3年ぶりにQiitaに投稿しました。 こっちにもリンクを貼っておきます。 qiita.com

Liquid water(Sph法で液体表現)

粒子法の一つ、Sph法での液体表現の練習コードです。

デローニ分割

ボロノイ分割のデローニ(ドロネー:Delaunay)分割版。 ボロノイ分割とデローニ分割は関係が深く、前回のボロノイ分割は、このデローニ分割から作図しています。

ColorCanvas

これもWonderflを元ネタにして、Canvasの勉強用に書いたコードだったと思います。

Inverse Kinematics Fiber

今は無きWonderflに投稿されていた「IKFiber」をProcessing.jsに書き直したものです。

ミサイルコマンダーもどき

ミサイルコマンダーもどきをCodePenにペタリ。